Amazon広告運用自動化ツールの活用方法

Amazon広告自動運用ツール

この記事ではAmazonの広告運用を自動化するツールの活用法についてまとめています。

  1. Amazonスポンサープロダクト広告
  2. Amazonスポンサーブランド広告
  3. Amazonディスプレイ広告

の3つが対象となります。

※スポンサーブランド広告、ディスプレイ広告の完全自動化に関しては現在開発中で随時機能に追加していきます。

手動で運用を行いたい場合は以下の記事にAmazon広告の入札方法のコツをまとめているのでご覧になってみてください。

Amazon広告運用自動化ツールの特徴

私がプロデュースするアマトピアというAmazon販売支援ツールの機能の1つにAmazon広告の自動運用化機能があるのでその特徴を解説します。

特徴は以下の3つです。

  1. AIによる自動運用で人が運用するよりも正確
  2. AIによる自動運用で手間がかからない
  3. 人に任せるよりも安い

AIによる自動運用で人が運用するよりも正確

価格改定を想像してみれば分かりやすいと思います。

Amazonで商品を販売するセラーのほとんどが何かしらの価格改定ツールを使っています。

手動で行なっている人はまずいません。

では広告運用に関してはどうかというとほとんどの企業が手動で運用を行うか広告代理店に運用を任せています。

確かに広告運用のロジックは価格改定のロジックよりは複雑です。

しかし元々私は手動での広告運用を事業として行なっておりその延長でAmazon用の広告運用ツールを開発しさらに機械学習で自動運用出来るように改良を重ねました。

手動で運用する場合時差の関係で海外の広告運用や日本でも夜間の広告運用が難しいですが広告運用ツールにとっては関係ありません。

海外Amazonでも夜間でも使用可能で状況に合わせて広告費を変動させることができます。

AIによる自動運用で手間がかからない

Amazon広告に習熟する必要もなければ広告代理店の担当者と打ち合わせをする必要もありません。

ただし

  1. ページのコンバージョン率の改善する
  2. レビューを一定数集める

という対策を事前に打っていないと広告を出しても特定のキーワード経由でのコンバージョン率が低くなりそのキーワードでの出稿をやめることになってしまいます。

ページのコンバージョン率を上げる方法(Amazon SEO対策の方法)に関しては以下のリンクにまとめていますがこちらに関してはノウハウを知っていても手間がかかる部分なので運用代行の会社に任せるのはありだと思います。

レビュー集めに関してはサクラレビューが横行したことにより裏技的に集めても消されることが多くなっているので真っ当に集めるのが一番です。

しかしAmazon公式のVINEサービスやAmazonできちんと商品を購入してくれた方のレビューでさえ消されることがあるでそこはAmazonに改善して欲しいところです。

人に任せるよりも安い

一般的に広告運用の費用というのは初期費用別で広告費の20%か広告経由の売上の5~10%という従量課金制になっています。

広告を出せば出すほど手数料は上がり広告代理店の利益となる仕組みとなっています。

GoogleやYahooの広告、SNS広告などであれば直接的な購買行動を促すだけでなく認知拡大の為であったりブランディング目的の広告も多くなる為自動運用化ツールでの自動化は難しいです。

しかしAmazon広告はAmazonで何かしらの商品を買おうと行動している人に見せる広告であり基本的には購買行動を促すものです。

一部認知拡大目的に使用することもありますがこの場合でも自動運用化に対応しています。

またAmazon広告で出すことができるのは白背景の画像です。

広告上にキャッチコピーを入れてクリック率やコンバージョン率をコントロールすることは出来ません。

この辺りも自動化しやすい要因となっており実際に運用の自動化に成功しています。

そのためサーバーの負荷が著しく増加するようなことでもない限りキャンペーン数やグループ数、広告数がいくらあっても手間は変わらない為費用は一律にしています。

1つ目のアカウントは全ての機能を含んで49800円/月、2つ目以降のアカウントは29800円/月でこの機能を利用して実際に他社の広告運用をされている企業もすでに数多くいます。

売上が100万円でも1000万円でも自動運用化ツールの費用は同じです。

Amazon広告運用自動化ツールの活用法

Amazon広告運用自動化ツールの活用方法は2種類あります。

  1. マニュアル運用
  2. AIによる運用

の2種類です。

例えばスポンサープロダクト広告の場合ツールを使わずに運用する際は広告の種類を選択した上でキャンペーンの作成、広告グループの作成、商品の追加を行い商品に対してキーワードとそのマッチタイプを選択していくことになります。

手動で運用する場合1商品に対するキーワードは20~30個程度になるのが一般的なので商品数が1000個あればキーワード設定は20000~30000こ行う必要があり社内の担当者に任せるとしても管理コストが膨らみます。

広告運用自動化ツールのマニュアルモードでは広告グループ単位で事前にルール設定を行なった通りに広告運用を自動化することが可能なのでインプレッション数やクリック率、コンバージョン率、Acosの値などに応じてそのキーワードでの広告出稿を停止したり反対に見込みキーワードを追加することなどが出来ます。

AIモードでは1キャンペーングループ、1広告グループに対して1ASINを適用するので完全に自動で運用を行うことが可能です。

設定を行なった後は放置して毎日更新されるレポートを見てツール導入後に売上がどのように伸びたかを見ていただくだけです。

AIモードではデータ採りの期間が1週間ありその期間はオートターゲティングで広告をかけているだけなので1週間目と2週間目移行の広告運用の成果を比較していただくのが分かりやすいと思います。

Amazonの広告レポートを確認して広告代理店に任せた場合と比較してもらってもいいと思います。

一般的な代理店より費用が安く効果もほとんどの場合でAIによる運用が上回る為長期に渡ってご使用いただけるはずです。

運用パフォーマンスに関しては以下の記事で詳しく言及しているので気になる方はご覧になってください。

Amazon輸入(欧米輸入)攻略方法全集

Amazon輸入(欧米輸入)ビジネスで成功するために学ぶべきことを第1章~60章まで章立てて目次形式でまとめています。
有料の本や情報商材を購入してしまう前にまずは一度以下の記事を読んでみてはいかがでしょうか?