今一番熱い輸入ビジネスコミュニティの紹介

最近輸入ビジネスのコミュニティが流行っていますが僕も貿易大学というメディア内で貿易大学同窓会というコミュニティの運営に携わっています。

以前から運営していたのですがブログやメルマガで大々的に紹介することはしていませんでした。

理由はコミュニティの質の維持のためです。

普通このようなコミュニティは申し込んで費用を払えば誰でも参加できます。

しかし貿易大学同窓会ではそれをしていません。

コミュニティ内の人にいい影響を与えてくれるかどうかを運営スタッフが判断し採用しています。

コミュニティ内で質問を無制限で受け付けているので初心者~中級者レベルの人であればコンサルティングを受けるよりお得です。

なぜならコンサルティングに比べて費用が圧倒的に安いことはもちろん初心者の方は”いい質問”をすることができないため他の人がした質問を共有して得られることに大きな価値があるからです。

また物販に取り組んでいる仲間がいることでモチベーションも高まります。

なぜ今回ブログで紹介しようと思ったかというとメルマガでは書いたのですが金輪際コンサルティングの募集を辞めたからです。

しかしコミュニティという形であれば他の講師もいるので時間的負担も減るので来年以降はコミュニティ内で知識を共有できればと思います。

基本他の講師で答えられる質問は他の講師が答えてそうでない時は僕が質問に答えるようにしているので本当マンツーマンで1から10まで教えて欲しいという人でない限り相当費用対効果がいいと思います。

僕自身独学で成功したのですがそれでも分からないことがある時に質問できる人がいたらよかったな、と本当に思います。

受験でもなんでも自分で努力できる人には塾や教師に教えてもらうより独学+分からない所だけ質問できる環境が大事です。
むしろそれが全てです。

そもそも何を質問すればいいか分からない、どうやって進めればいいか分からないという人は塾やコンサルで勉強したほうがいいと思います。

貿易大学同窓会でAmazon輸入で稼ぎたいのですがどうすればいいでしょうか?と漠然な質問をしても誰も答えてくれない、というか答えることができないでしょう。

サッカー選手になりたいんですけどどうすればいいでしょうか?という質問に近いです。

努力してください、としか答えられないでしょう。

そのため何もわからないという人は基本審査に落ちます。本人のためにもならないからです。

他にも色々審査ポイントがありますが僕は審査には直接関わっていないため最終的な判断がどのように行われているかは分かりません。

なお審査落ちした人は申込者の半数ほどで今の参加者は80名ほどです。

落ちた人も80人ほどということですね、この厳しい判定は今後も変わらないと思います。

最大人数は150名と決まっているのですが2018年中には100名は行くと思います。

僕自身もコミュニティ内の人にいい影響を与えられるよう今後も最先端の情報を共有していきたいと思います。

限定コンテンツとして過去に開催した輸入ビジネスのセミナー資料などをアップしていますので活用していただければと思います。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください