Amazon輸入ビジネスとは?

Amazon輸入ビジネスとは
海外から商品を輸入し
日本のAmazonで販売する
ビジネスのことです。

特に中国から
商品を仕入れる場合
中国輸入と呼ばれることがあります。

ただし中国輸入は
Amazonだけでなく
他の販路で商品を売る場合も含みます。

せどりなどとは違い
仕入れ元は無限にある為
資産運用の方法として
多くの人に好まれています。

株や不動産と
比較すると
やや手間がかかる部分もありますが
3,000万円以下の資産を
運用するうちは
物販で運用するのが
最も効率がいいと思います。

海外から仕入れて
日本のAmazonで売るという
シンプルなビジネスですが
稼ぎ続ける為には
色々と考えておかなければ
ならない事があります。

それは仕入れ・物流・ツールです。

以下の記事を参考にしてください。

Amazon輸入ビジネスの仕入れ

  1. Aamzon輸入の卸仕入れの方法
  2. Amazon輸入の仕入れ交渉のポイント

ライバルと比べて
いかに安く仕入れられるかがポイントで
他の人も定価より安く買える商品であれば
それは安く買えてもあまり意味はないので
注意しましょう。

仮に特定の商品で誰かが稼いでいる
とわかってもどこから仕入れるべきかが
分からないと勝負できません。

最初は海外のAmazonやebayなどの
小売市場から、次第に海外の代理店や
メーカーから仕入れるようにしましょう。

Amazon輸入ビジネスの物流

Amazon輸入代行会社を使う前に

最終的にはDHLやFedexと
ダイレクトで契約したい所ですが
まずは代行会社の利用を
検討してみましょう。

商品の仕入れ価格が同じでも
ライバルの方が安く販売している、
その価格じゃ利益が出ないはずなのにおかしい、
という時はまず間違いなく
ライバルの方が安い配送方法で
商品を入手しています。

最初は難しいことを考えずに
単純に取扱量が増えれば
1kg当たりの送料が安くなるので
利益よりも売上ベースで
考えるようにしましょう。

Amazon輸入ビジネスのツール

  1. Amazon輸入ビジネス用無料ツールまとめ
  2. Amazon輸入ツールのおすすめ

輸入ビジネスに関する作業を
全部自分でしていては
ある時体力的に限界が訪れます。

普段雇われる側の立場にいると
なかなか身につき難い感覚ではありますが
お金を払ってソフトウェアを導入したり
人を雇って作業を
分散していく必要があります。

最初の段階で
必要なお金は仕入れだけですが
人件費や通信費・消耗品などの費用が
かかるようになってきて
それは売上を伸ばしていく上で
必須のことですので
少しずつ身につけていきましょう。

基本的に初心者の方は
最低限商品リサーチ系のツールを
使っていれば
他はなくてもやっていけます。

どこまで時間を節約したいかになってきます。

まずは以上の記事だけでも読んでみてください。

その上でさらに勉強したい方は
以下のページにまとめている
記事をご覧になっていただければ
短時間でレベルアップできると思います。

参照:Amazon輸入ビジネスの方法全集

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください