輸入卸の取り方【高く売れるものには理由がある】

輸入卸

「なるべく商品を高く売りたい」

「利益を出すために安く商品を仕入れたい」

その悩みを解決するためには
ものが高く売れる理由と
卸の取り方を知る必要があります。

今回はその二つについてまとめました。

ものが高く売れる条件

ものが高く売れる条件には
大きく分けて以下の3つがあります。

  1. ブランド力がある
  2. 限定性・希少性がある
  3. 競合が少ない

サブテーマとして
輸入の卸の取り方を扱いますが
上の条件を意識せずに卸を探して
間違ったやり方をしている人が多いので
それを正そうと思います。

まずブランドであること、これは必須です。

有名なブランドであれば
代理店が複数います。
回転率は高くなりますが
その分利益率が低くなることが多いですし
競合が多くなります。

また競合がいるとどうしても
値段を下げ合う事態に陥りやすいです。
(メーカーに最低
小売価格が決められているケースも多い)

ということは上の条件で言うと
ブランド力があると
いうことしか当てはまっていません。

意外なことに卸、と言って
この部分しか考えていない人が多いのです。

2番目、3番目の条件が
ほぼ必須になってくることを
考慮するとあなたが探すべきものは
ブランド品ではありません。

日本で販売されていない、
あるいは日本に正規代理店のいないブランド品です。

そんなブランドあるの?と思うかもしれませんが
いくらでもあります。

海外で比較的有名ブランドでも
日本で未発売のブランドも数多くあります。

探し方は簡単です。
Amazon,楽天,Yahooショッピング辺りで
検索バーに”日本未発売”と入れてください。

amazon日本未発売

限定性を謳って商売をしている人は
このキーワードを入れているので
日本未発売の商品が見つかります。

これをそのまま扱うようでは素人です。

そこからヒントを得て
この商品が行けるのであれば
同じジャンルのこの商品も行けるのでは?
とアイデアを練るのが重要です。

他人と同じことをしているうちは
ものを高く売ることは出来ません。

ただこれはあくまで応急処置にしか過ぎません。

最終的には

  1. 自分の扱いたい特定のジャンルの商品・メーカーをリストアップ
  2. 日本で販売されているか・代理店がいるかどうか調べる
  3. 端からメール・電話交渉

という作業が必要になってきます。

作業と書いたのがポイントで
いつも僕のブログを読んでくれている人なら
分かると思いますが作業は
自分で行うべきことではありません。

アメリカの第34代大統領アイゼンハワーが
生み出したと言われる
アイゼンハワーマトリックス
以下に示します。

アイゼンハワーマトリックス

この公式に即して考える場合
まず卸を取ることは重要でしょうか?

ライバルが増えて
なかなか安定して利益が出せない、
卸契約を取ったことがないけど取りたい、
と思っている人にとっては重要でしょう。

しかし緊急を要するかというと
一般的には卸を取らなければ
生活が困窮するというわけでもないので
緊急は要さないと言えます。

つまり卸を取ることは
重要だけど緊急を要さないもの、
自分でじっくり考えるべきものとなります。

ここからはオリジナルですが
アイゼンハワーの公式に基づくと
自分でじっくり考えるべきとなりますが
じっくり考えて決まった手順が
先ほどの卸の取り方なので
ここから先は作業の部分になります。

アイゼンハワーマトリックスは
意思決定のマトリックスなので
重要でないが緊急の場合を
人に任せるべき、としていますが
僕は拡張して以下のように考えています。

スクリーンショット 2016-01-16 11.29.29

 

これに基づくと今回の卸を取るケースも
人に任せるべき、と言うことができます。

基本的に自分以外の人に代替できるものは
代替してもらったほうがいいです

もちろんタダで
動いてくれるわけではないので
従業員であれば給料、
外注の方であれば報酬、
知り合いであれば
普段築く信頼が必要になってきますが
何かしらの対価を払っても人に任せたいと思えば
それは人に任せるべきなのです。

ものが高く売れない、と言っている人は
まずそれがブランド力がある、
限定性・希少性がある、競合が少ない
という3条件を
満たしているかどうかをチェックし
次に具体的にどの卸を
取るべきかを市場に問いかけるために
Amazonなどで日本未発売の商品をチェックし
それを参考に関連メーカー・関連ブランドを
外注に任せてリストアップ。

そして絞り込みを行い交渉まで外注。

後は実際に輸入して販売するだけです。
卸契約を取るときは毎月の売上など
ギャランティを求められる契約が
契約書に盛り込まれている場合があるので
その場合は条件を満たさないと買取を求められます。

もし入っていたら外してもらいましょう。
基本的に契約は51:49のようにわずかでも
相手が有利になるように出来ています。

後から文句を言っても
自分が悪い、となってしまいます。
契約という緊急かつ
重要なことは自分で対処するべきですからね。

ちなみに僕は緊急かつ重要なことも
昔は人に任せていたのですが
失敗した時の後悔が半端ないので
やはり多少時間を取られたとしても
自分でやるべきだと学びました。
老婆心ながら何でも人に
任せたり外注するのは控えましょう。

具体的な輸入卸の取り方については
リンク先にまとめていますので
今回の記事で戦略をつかんで
ぜひ実践に移ってみてください。

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!