Amazon輸入リサーチツールで見つからない商品を探す方法

search1

Amazon輸入のリサーチで
ツールを使っている方は多いと思います。

作業を効率化させる上で
ツールは非常にいい選択肢でしょう。

しかしツールを使うと
見つけられない商品があり
それは他のツールを使っている人も
見つけられないので
手動でリサーチをしている人にも
チャンスがあります。

一体どういうことでしょうか?

Amazon輸入リサーチツールの欠点

世の中に存在するリサーチツールは
全てASINを元に商品を見つけています。

ASINは正式名称で
Amazon Standard
Identification Numberといい
これはAmazon特有の商品コードです。

本来同じ商品であれば
日本のAmazonと海外のAmazonの
ASINコードは共通です。

これはAmazon側で紐つけています。

しかし両方の国に
同じ商品があっても
ASINコードが別であったり
違う商品なのにASINコードが
共通しているケースがあります。

前者がツールでは見つからない
利益の出る可能性が高い商品です。

ツールで見ると
日本には出品があるけど
アメリカには出品がないと、なるので
価格差など当然ありません。

タイトルは言語が違うので
結びつけることは出来ませんし
ツールでは利益が出るか分かるどころか
そもそも出品がないと
なってしまうので
同じ商品を見つけるには画像比較を
するしかありません。

そこで効果的な画像比較の方法を
紹介します。

Amazonの商品を画像検索で見つける方法

ASIN共通のものしか
ツールで判別できないことに気づいて
普通に画像検索をしている人は
いるかもしれませんが
何も考えず写真をアップロードして
画像検索していませんか?

画像検索は時間がかかりますし
検索結果も膨大になります。

そこでリサーチする場合は
ドメインを絞り込み検索をします。

まずは普通に画像検索をした
場合の結果を見てみましょう。

今回はこちらの画像を
用いたいと思います。
(この画像の商品自体はツールで
見つかる商品で特に意味はないです)

カービィamiibo

まずGoogle画像検索を開いて
カメラのアイコンから画像を
アップロードして検索を
開始してください。

Google_画像検索

すると以下のような
画面が出てくるはずです。

Google_検索

キーワードが自動で
表示されることに注目してください。
今は使いませんが後で重要になってきます。

次に全てのサイズで
「大」を選びましょう。

「小」や「中」では
Amazonアソシエイトを利用している
ブログなどが数多く引っかかってしまいます。

大を選んだら後は
ドメインがamazon.comに
なっているものを探すだけです。

星_の_カービィ_ロボ_ボ_プラネット_-_Google_検索

次にドメインで絞り込むやり方です。
この場合日本のgoogleではなく
調べたい国のgoogleを使用します。

ここでは例としてアメリカの
google.comを用いたいと思います。

絞り込みにはクエリ文を使うのですが
これは画像アップロード→
Googleが画像をキーワードへ変換
という流れで画像を検索するのですが
日本のGoogle画像検索を使うと
先ほど見たように日本語タイトルが
表示されるのでそれを
amazon.comドメイン内で
見つけようと思っても見つからないためです。

難しいことは考えず
Google.comを使っていただければ
大丈夫です。

先ほどと同じこちらの画像を使用します。

カービィamiibo

検索キーワードの後にsite:amazon.com
と入れ検索します。

Google_Search

必要に応じてamazon.comの
部分は変えてください。
絞り込みたいドメインを書けば大丈夫です。

こちらが結果です。

amazon.com内の探していた画像のみ表示されています。

kirby_amiibo_kirby_series_site_amazon_com_-_Google_Search

Amazon輸入リサーチツールで見つからない商品を見つける方法のまとめ

  1. ASINで繋がっていない商品はチャンス
  2. 現地のGoogleでドメインを絞り込み画像検索

ツールで見つからないのに
画像だと見つかるものは
だいたい2割くらいです。

輸入であれば並行輸入や
輸入版と書いてあるのに
ASINを通して海外出品が
見当たらない商品、
輸出であればjapan,japan import
などのキーワードで出品されているのに
ASINを通して日本の
商品が見つからない商品があれば
この方法を使ってリサーチしてみてください。

手間がかかる分チャンスが
眠っていますので
ぜひ試してみてください。

またASINが繋がっているものを
手動で探すのは無駄でしかないので
そこはAmazon輸入用のリサーチツールを使いましょう。

ツールにできる事はツールに
ツールにできない事は
人に任せる仕組みを作って
どんどん仕組み化していく事が
Amazon輸入において最も大切な事です。

Facebook Comments
最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!


head

メルマガ登録特典

■毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
■毎月2名の方に統合型Amazonツール「アマトピア」
■物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
■50万円の初期費用を貯めるための無料レポート

その他にもメルマガ内では
海外マーケティングの情報提供や
セミナーの告知などを不定期に行っています。

※これらの特典は【期間限定のプレゼント】となります。
早めにご登録ください。

or