Amazon輸入と海外販路の拡大

海外販路
海外販路

貿易ビジネスの利益拡大の為に

世間のニーズは
Amazonに反映されると言っても
過言ではないので売れる商品は
Amazonでチェックします。

しかし商品の買い先は
いつまでも海外Amazonでは行けません。

なぜなら簡単であれば簡単であるほど
みんながまねして稼げなくなるから。

簡単に100万円稼げる方法なんてないんです。
それなら苦労して1000万円稼ぐ方法を狙った方が
よっぽど成功率が高いです。

僕は今ロシアと東南アジアに目を向けています。

5年ぐらいしたら東南アジア貿易の情報商材とかが
世間に出ているかもしれません。

でもそんなのを待つことなく
自分で開拓した方が絶対に稼げます。

メキシコだろうが
インドだろうがスウェーデンだろうが
現地のパートナーをSNSで見つけて
仲間に引き入れた時点でほぼ価値は決まりです。

なぜならそういったことを
実際にやろうとする人は少ないですし
実際にパートナーを見つけられる人が少ないからです。

僕はアメリカ、カナダ、中国、韓国、台湾、イタリア、
タイ、マレーシアにパートナーがいます。

半分以上は日本語が話せる人を
わざわざ見つけました。

mixiだと限界があるので海外のSNSにもぐり
探してみたりSkypeの掲示板で募集をかけてみたり。

周りに人が代行業者に頼って
高い手数料取られている時点で
圧倒的優位に立てます。

アメリカや中国などメジャーな国以外の
代行業者は手数料20〜30%取ってきます。

単純にその人たちより
20%、30%安い金額で出品することが出来るので
ニーズがある商品ならば稼げないわけがありません。

しかもまねしようにも簡単にはまねできないんです。

同じ商品を買おうにもまずどこで買ったか分からない、
同じ商品を見つけても直輸入出来ないから
代行業者を使うしかない。

物販で一生稼ぎ続けたいならば
個人でありながらも商社になるイメージを持ってください。

そのうち開拓した販路で
卸し先が個人ではなく企業になります。

転売、という捉え方をしているうちは
ビジネスと言えません。

誰にもまねされたくなかったら
最初から頂点を狙う必要があります。

Amazojn輸出入で得意な商品、
ジャンルが定まったら
海外の流通経路を拡大する方向に動いていきましょう!

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!

~Amazon輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください