ライバル不在東南アジア輸入のやり方【輸入ビジネスは仕入先が重要】

東南アジア

東南アジアで商品を仕入れる

海外で商品を買ってAmazonで売るというAmazon輸入が
今では非常に一般的な物になりましたが
僕が今一番稼いでいるのは東南アジアからの輸入です。

中国輸入は少し前に流行りましたが東南アジア輸入は
やっている人がほとんどいません。

もっと言えばドイツやイタリアからも
輸入を行っていますが
これもライバルがほとんどいません。

ほとんどの人がアメリカや
中国との貿易に終始している、
これは情報商材などでの知識で
簡単に行えるようになったからでしょう。

僕は世間で出回っている情報に頼って
ライバルいっぱいで在庫を抱えるより
自分で開拓して流通を独占した方が
よっぽど効率的だと思ってます。

その中でも東南アジア輸入のやり方を
少しだけここで語ろうと思います。

どこから商品を買っているかというと
東南アジアにビジネス目的の旅行に行った時に
開拓した仕入れ先からです。

あらかじめ、mixiやlinkdlnでめぼしい人を
探しておきコンタクトを取っておきました。
現地でその人に会いバングラデシュの向上や
マレーシアのマーケットなどと
繋がりを持つことに成功します。

ちなみに東南アジアからの輸入を代行してくれる業者は
現在の所だ以降手数料が20%程度と非常に高額です。

なので自分でルートを開拓するしかありません。
商社など法人企業であれば英語が通じる所がほとんどなので
英語が得意で物販に興味がある人にはぜひおすすめします。

あと何年か経ったら「誰でも月収100万円東南アジア輸入!」みたいな
情報商材が世の中に出るかもしれません。

アメリカのe-bay,中国のタオバオみたいに
東南アジアのオークションサイトから買って
日本のヤフオクやAmazonで売る方法。

どうせこの程度でしょう、特典に代行手数料が安い
代行業者の紹介が付いているのも予想出来ます。

国が変わっても本質は変わらないのに
いつの時代も表面をなぞっただけの輸入方法が
蔓延して残念でなりません。

ぜひ物販ビジネスの本質を掴んでください。

東南アジア市場は中国にとって変わる?

よく中国のバブルは弾けて
生産元が東南アジアに
移っているといいますが
生産を東南アジア拠点にできるのは
教育にコストをかけることのできる
大企業だけです。

僕も含め年商10億円以下の
会社はリスクヘッジしながらも
生産は中国のままで問題ないと思います。

結局は国対国ではなく
人対人でしかありません。

東南アジア市場で商品を買うのはいいと思いますが
今やっている生産をすぐに
東南アジアに移せるとは
思わないほうがいいと思います。

実際世界の工場と言われるだけあって
中国の生産技術は数年前と比べても
かなり上がってきています。

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!