Amazon輸出とは?

Amazon輸出とは2012頃からに端を発する海外Amazonを販路とした輸出ビジネスのことです。

それまでも国内Amazonを活用したりebayで販売するビジネスはありましたが海外Amazonで売っているセラーは非常に少なかったのがネット上の情報発信と円安の追い風などもあり広まっていきました。

Amazon輸出は大きく分けてFBA出荷と出品者出荷の方法の2通りがあり出品者出荷は無在庫販売と呼ばれる商品が売れてから仕入れを行う手法を内包しています。

FBAの方が安定して稼ぎやすいものの確かなノウハウ、物流、ツールの導入、資金繰りなどクリアしなければならない課題が多いです。

一方無在庫販売は資金的リスクが少ないものアカウント維持に対するリスクがあります。

資金に余裕がある場合は最初からFBA販売(評価がある程度溜まるまでは出品者出荷)、資金に余裕がない場合は無在庫販売をおすすめしています。

現在は資金がない場合はバイトで貯めるかアフィリエイトなど他のネットビジネスをして貯めるかして最初から有在庫でやることを推奨しています。

無在庫販売で初心者が稼ぐことは以前と比べはるかに難しくなっているためです。(上級者であれば問題ありません)

大きく分けて学びべきことは以下の3つです。

  1. 商品リサーチ
  2. 物流
  3. 仕入れ

商品リサーチ

以前は無料プラグインなどを使った手法でも戦えましたが今は性能のいい有料ツールが増えたためプラグインを使って簡単に見つかるものはライバルが増えやすく危険です。

そのため手動の場合はASINの繋がっていないものを中心に扱っていく必要があります。

参照:Amazon輸出の商品リサーチ方法7選

物流

最初は出品者出荷で自宅に届いた商品を自分で梱包して送ることになると思いますが徐々に効率化のため人に任せていかなければなりません。

無在庫の場合は外注パートナーやカンタムソリューションズなどの代行会社を使いましょう。

本格的にやる場合はもちろん自社で物流を構築した方がいいです。

FBAの場合は以下のページに代行会社についてまとめています。

参照:Amazon輸出FBA発送代行の比較

仕入れ

初心者の方にとって鬼門となるのがこの仕入れです。

始めのうちはポイント還元率が高いクレジットカードを使ったりキャッシュバックが受けれるサイトを使ってAmazonや楽天から仕入れることになるでしょう。

参照:Amazon輸出で利益率を上げる方法

しかし結局ライバルから抜きん出ない限り大きくは稼げません。

そうなると卸仕入れやメーカー直での仕入れが大事になってきます。

また誰にでも取れる卸を取っていては意味がありません。

商品リサーチとも非常に関連性が高いので商品リサーチと絡めてじっくり学びましょう。

参照:Amazon輸出の卸仕入れの方法

さらなる高みへ

商品リサーチ・物流・仕入れという基本の3点を抑えたら資金繰りであったり売上の分析、価格改定、レビューの獲得法などについても学んでいきましょう。

基本的にはトップページのレベル別Amazon輸出の攻略方法の順に勉強すれば大丈夫です。

先は長いですが半年〜1年ほど頑張ればきっと結果は付いてきます。

コメント

コメント

~Amazon輸出編~

まだ学生だったあの頃からどのように輸出ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください

  
輸入・輸出ビジネスを学ぶなら貿易大学