円安だからAmazon輸出がいい?

円安だから輸出がいいとか
円高だから輸入がいいとかそんなのは幻想です。

海外のパーツで自社製品を作るような業種は
影響を受けますが物販ビジネスには
ほとんど関係ありません。

このことを理解していない人が多いようで
今輸出ビジネスが流行っています。

アベノミクスで株を始めた人と同様に
ビジネスセンスがないと思います。

大衆の逆を行かなければビジネスで
大きく成功することはないでしょう。

Amazon輸出の落とし穴

これからは輸出が当たる、と得意げに言う人より
日本製品に誇りがあるから
輸出したいと言う人の方が
センスがあると思います。

確かに輸入した商品が届くまでに円安が急激に
進行すれば為替リスクを負います。

しかし物価というのは通貨価値に合わせて変わるので
円安になればその分国内商品の値段が上がるので
長期的に見れば何も問題ありません。

1ドル90円で50ドル=4500円の物を輸入し
日本で8000円で売れるとしましょう。

送料等を抜いた粗利は8000-4500=3500円です。

これが1ドル92円になったとしましょう。
(1か月で2円も動けばかなり動いた方です)

50ドル=4600円です。

日本で8000円で売れるとしても
大した収入源ではないですが
一応円安が進行する前よりは損しています。

しかし物価は動きます、
3カ月もすれば8000円で売れていたものが
8100円(この値は適当)に動きます。

もちろんライバルが増えすぎて
価格競争に陥った商品につきましては
この限りではありません。

輸出貿易を始める理由は
ライバルが少ないからという理由であるべきでした。

過去形なのはもうすでにかなりの数の人が
参入しているからです。

私も去年にはもう始めていました。

でも安心してください、
素人がいくら増えようが
大したことはありません。

このサイトで教えているのは
継続して稼ぐ物販ビジネスです。

しっかりと学べば新たに参入してくる
ライバルなんて関係ありません。

ライバルがいない所謂
ブルーオーシャンという市場で戦うには

「流通の確保」

これが必須です。

コメント

コメント

2020年に最新版にリニューアルした無料の卸・メーカー仕入れ講座です。
独占契約を含む卸・メーカー仕入れの方法を全30回にまとめています。
一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げているので活用してください。
登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。