Amazon輸出コンサルティングの詳細

このページでは私が運営する会社で実施しているAmazon輸出コンサルティングの内容を紹介しています。

アメリカやヨーロッパのAmazonでの販売方法を教えるコンサルティングになります。

現在日本で二社しかいないウォルマートへの出店も行なっておりメーカー仕入れ限定にはなりますが代理出店が可能となっています。

ウォルマートはアメリカではAmazonと並ぶ市場規模の巨大マーケットで日本人セラーがいないので寡占状態にあります。審査が異常に厳しいことで有名で一般的な物販セラーでは参入できないのでぜひk

輸出ビジネスに取り組むメリット

外貨を稼ぐ手法は主に

  1. 輸出ビジネス
  2. 海外向けWebサービス
  3. FX

位しかなくその中でも輸出ビジネスが最も再現性が高いです。

国内のマーケットは年々縮小していっており格差が激しくなっていますが輸出で外貨を得る方法を身につけておけば日本のマーケットが縮小しても問題なく収益を上げることが可能であるため人気となっています。

またそのメリットに反して税制や法律の違いなどにより参入障壁が高いため輸入ビジネスと比べてライバルが少ないのが特徴的です。

また日本の消費税は将来さらに上がることが予想されますが輸出ビジネスでは消費税還付を受けることが可能であるため消費税分を丸々利益にすることが可能なため消費税が上がって国内ビジネスで収益を出しづらくなってもむしろ輸出ビジネスでは利益を出しやすくなるためリスクヘッジとして取り組めるというメリットもあります。

Amazon輸出コンサルティングで教えることが可能な内容例

1.1.転売ビジネス

  • 利益計算
  • データ分析
  • FBA納品
  • Amazon相乗り出品(非推奨)
  • Amazon新規カタログ作成

1.2.代理店ビジネス

  • 取引先メーカーの開拓
  • 条件交渉と契約
  • 関係構築

1.3.OEMビジネス

  • データ分析
  • 購入心理の分析
  • 市場分析
  • テストマーケティング
  • Amazonブランド登録
  • 商品カタログ作成
  • Amazon広告運用の基礎

2.専門店化で、ストック型物販へ

  • ブランドコンセプトづくり
  • ブランド価値の高め方
  • 集客
  • リピーター戦略
  • 自社ECショップの作り方
  • コンテンツマーケティング(ブログ、動画)
  • リストマーケティング
  • SNS運用
  • Facebook・Instagram活用
  • Youtube活用
  • 知的財産権侵害対策(ブランド保護)

中国輸入OEMコンサルティングの応募資格について

対象:20~65歳の男女

参加の可否は志望動機や募集状況などを元に総合的に判断して決定させていただきます。

募集要項

料金

12ヶ月150万円(税込165万円)

人数

最大5名

契約期間

12ヶ月

支払い方法

銀行振込・分割可能(3回まで)

提供方法ついて

Zoomによる個別コンサルティング1回1時間月2回

特典

  • アマトピアビギナープラン期間中無料(12ヶ月)
  • それに伴うアメリカ・ヨーロッパ向け物流月会費無料

成功事例1

20代 会社員 コンサル開始前の輸出の月商70万円→受講後の最高月商500万円

元々無在庫輸出に取り組んでいたものの近年知的財産所有権の取り締まりが厳しくなってから停滞。

ネットを探してもFBA販売の成功事例が少なかった所知人の紹介で受講。最初は今まで取り組んでいた小売仕入れとは勝手が違く苦労したものの今となれば小売仕入れはやめてメーカー仕入れに早めに移行しようと言ってくれて良かったです。(小売仕入れのやり方自体は質問すれば教えてくれました)

成功事例2

30代 自営業 コンサル開始前の輸出の月商0万円→受講後の最高月商280万円

物販経験0からだったため受講させてもらえるか分かりませんでしたがダメ元で申し込んでみて良かったです。

昔輸出ビジネスが流行った時にやってみようと思って本だけ読んだことがあったのですがその時とはAmazon輸出ビジネスで通用するやり方が大きく変わっていて本やネットの情報では限界があるというのをこれほど強く実感したことはありませんでした。

VATもそうですが物流も全てサポートしてくれているのが心強かったです。もっと成功するまであまり広めないでおいてもらえると嬉しいです笑

成功事例3

50代経営者 コンサル開始前の輸出の月商0万円→受講後の最高月商800万円

元々輸入ビジネスを4年ほどやっていました。国内仕入れの商品も多く元々輸出にも興味があった中でshuheiさんがヨーロッパ輸出に力を入れているというのを2020年に懇親会で聞き輸出のコンサルを特別に受講させてもらいました。

VATを中心に複雑な部分が多く参入障壁が高いため一度そこを超えると逆に参入障壁が鼠返しにようになって他のライバルを退けてくれるという言葉通り輸入と比べてライバルが弱いことを実感しています。OEMはまだ大きく成功していませんが代理店の方は軌道に乗りSNSを活用した海外向けマーケも教えてもらえるので非常にお得だと思います。

よくある質問

Q.輸出ビジネスの資金はどれくらい必要でしょうか?
A.最低100万円ですが200万円程度あると強いです。
Q.コンサルの対象はどんな人でしょうか?
A.個別コンサル形式なので初心者から上級者まで対応可能です。
Q.海外住みなのですが受講可能でしょうか?
A.Skypeやzoomなどにより提供可能なため問題ありません。
Q.個人でも受講可能でしょうか?
A.はい、可能です。

応募はこちら

~東大式輸出ビジネス講座~

Amazonを中心とした輸出ビジネスの方法をまとめています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください