中国輸入とは?

中国輸入とは
中国から商品を輸入して
日本で販売するビジネスのことです。

2009年ごろから副業として人気を博し
現在も多くのプレーヤーが
中国輸入をしています。

ネットだけで情報を
得ている方には
馴染みがないかもしれませんが
月収300万円くらいであれば
意外とゴロゴロいます。

もちろん全体の5%位
だとは思いますが
物販は他の業界と比べて
優秀な人が入ってきづらいので
時間対効果に優れていると思います。

※最近は優秀な方が
増えてきた印象ですが
ブログで紹介しているように
新規出品の路線で行けば
直接競合することもなくなるので
中国輸入プレーヤーは敵と
考えるのではなく
情報交換できる
仲間として捉えましょう。

販路としてはAmazon,ヤフオク,メルカリ
が有名です。

初心者のうちは固定費がかからず
キャッシュフローもいい
ヤフオクやメルカリで
販売するのもいいでしょう。

しかし手離れの良さと
稼ぎやすさを考えると
Amazonを軸にするのがおすすめです。

詳細な理由は以下のページに
まとめています。

参照:中国輸入→Amazon販売をおすすめする理由

中国輸入について
学ぶことは色々ありますが
まずは仕入先・商品リサーチ・物流
辺りから勉強しましょう。

その基本ができた上で
外注化やツールの導入で
効率化していく必要があります。

中国輸入の仕入先

タオバオ、アリババ、天猫、Aliexpressの
4つが有名ですが
他にも候補はあります。

それだけあると結局どこから
仕入れればいいかが
分からなくなると思います。

相乗り出品するのでは
価格競争に陥りやすくなるので
少しでも安く買うことが
大切になります。

またクオリティの問題も
ついて回るので
基本的にはアリババか
Aliexpressから
仕入れるのがいいでしょう。

タオバオは程度の低い
ショップが混ざっているのと
天猫は反対に商品の質はいいですが
高いショップが多いです。

参照:中国輸入の仕入先の比較

中国輸入の商品リサーチ

中国輸入リサーチは
相乗り出品用の商品リサーチと
新規出品用の商品リサーチで
全然変わってきます。

以下のページに
両方の商品リサーチの方法を
載せていますので
初心者の方は
相乗り出品用の商品リサーチを
中級者以上の方は
新規出品用の商品リサーチを
参考にしてください。

参照:中国輸入の商品リサーチ方法

中国輸入の物流

中国輸入で中国から
日本に商品を送る方法は二つです。

  1. 中国のパートナーに頼む
  2. 代行会社の頼む

中国人パートナーの見つけ方については
リンク先にまとめていますが
長く続けたいならなるべく
直接会ったほうがいいです。

少なくとも10人くらいの中から
いい人を選ぶようにしましょう。

中国輸入代行会社についても
リンク先にまとめています。

中国輸入とは?まとめ

中国輸入ビジネスは
Amazon輸入ビジネスと比べて
ビジネスセンスが必要になり
時間がかかるので
どちらかというと副業より
本業でやっている方が多いと思いますが
主婦や学生の方でも
成功する人は成功します。

資金の少なさを努力で
カバーできるので
個人的には通常の
Amazon輸入より好きです。

Amazon輸入にも興味を
持っている方は以下の記事を
ご覧になってみてください。

参照:Amazon輸入とは?

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!