中国輸入転売ビジネスの方法を徹底解説

中国輸入転売ビジネスで
なかなか利益が出ない。

作業時間が全然減らない。

ライバルが増えてきて将来に
不安を感じる。

などのお悩みを
お持ちの方のために
この記事をまとめました。

中国輸入でこれからも稼ぐには?

中国輸入で
これからも稼ぐには
相乗り出品をやめてください。

相乗り出品は
麻薬のようなものです。

集客がしやすいため
商品が売れやすいため
つい簡単に手を出してしまいがちです。

しかし参入者が増えた今
中国輸入でノーブランド商品に
相乗り出品したところで
簡単に値崩れします。

そしてその繰り返しになります。

中国メーカーの商品を
卸仕入れして
相乗り出品するのは
また別の話です。

これは一般の人は
卸仕入れできないために
チャレンジする可能性はあります。

集客が強いページに
他の人が買えない価格で
買った商品を並べる、
これは一つの物販の戦略として
何もおかしな点はありません。

誰でも出来る相乗り出品を
やってはいけないというだけです。

既存の中国輸入について
知りたければ他の人の
ブログを見ればいくらでも
書いてあると思うので
そちらを参考にしてください。

ここで問題になるのが
仕入れて売るという
単純なビジネスだからこそ
手を出せたのに
新規出品となったら
ハードルが高すぎて無理、
と思う人が多いことです。

世の中そう思っている人が多いですし
実際新規出品商品への集客は
正しい方法をきちんと勉強しない限り
絶対に無理です。

これをライバルが少なくて
チャンスと考えることの
出来る人だけが
新しい中国輸入の時代を
生き抜くことが出来ます。

OEMって数十万円かかるんでしょ?

と思ってる人も多いと思いますが
これはある意味正解である意味間違いです。

ものによっては最小ロットで
100万円以上かかるものから
数万円程度で作れるものまで
様々です。

むしろ初めての場合は
なるべく安く作れるもので
勝負すべきです。

また新規出品=OEMでは
ありません。

写真を変えたり
セット化したり
タグをつけたり(※)、
パッケージをつけたり、
日本語説明書を付けるだけでも
差別化できます。

※現在Amazonでは商品に
タグを付けるだけでも別の
出品ページに出すように指導されますが
結局ライバルが被せてくるかどうかなので
タグだけしか差別化ポイントがないと
平気で被せてくるセラーがいて
これに対してAmazon側は対処してくれません。

またタグを差別化しただけでは
結局Amazonの商品レコメンドに
タグが付いていない別ページが存在し
消費者からみた場合差はないので
結局そちらの商品ページに合わせて
価格改定をしないと商品が売れなくなります。

これではせっかく
新規出品した意味がありません。

新規出品の旨味を最大限に生かすのは
“ブランディング”です。

ブランディングを意識した上で
中国輸入転売の流れを
改めて見ていきましょう。

中国輸入転売(新規出品)の流れ

中国輸入は以下の作業に分かれます。

  1. 商品リサーチ
  2. 出品登録
  3. 仕入れ
  4. 価格調整
  5. サンクスメール
  6. 再仕入れ・商品リサーチ

商品リサーチ

新規出品の場合は
売れている商品ページの特定、
カテゴリ、ランキング
売れている個数、
集客キーワード辺りを
調べる必要があります。

参照:中国輸入リサーチの方法(上級者向け)

出品登録

新規出品登録の登録ためには
出品系のツールは
特に必要ありません。

1ページ1ページ作りこむことが
大切だからです。

また商品を
売るための
いい広告デザインを
学ぶ必要があります。

この部分はセミナーでしか
公開していません。

広告デザインに関して
学ぶべきことは相当ありますが
注目を引くための広告や
ブランド認知のための広告ではなく
売るための広告を作るということを
意識して100時間ほど勉強すれば
ある程度誰でも
分かるようになるでしょう。

仕入れ

実際の仕入れの
選択肢は大きく分けて
以下の3つになります。

  1. タオバオなどのECサイト
  2. 市場・実店舗
  3. 工場(OEM生産)

どの場合も中国人パートナーか
代行会社の協力が必要になってきます。

中国輸入パートナーの
見つけ方については
この記事の後半にまとめています。

価格調整

ブランド化する新規出品の場合は
基本的に必要ありませんが
新規出品でも無在庫販売や
ノーブランドを売る手法は
確かに存在し、その場合
他のページを参考に
価格改定を行う必要があります。

この場合同じ商品ページの
ライバルセラーの価格を
参考に価格改定するわけではないので
仕入れ価格を参考にする
特殊な価格改定ツールが
必要になります。

なおブランディング路線で
他の出品者の相乗りを防いで売る場合
ツールは必要ありません。

Amazon自体の
価格改定機能を使いましょう。

サンクスメール

サンクスメール(評価依頼メール)は
最近いろいろなツールが出ていて
どれも特に機能は変わらないので
値段で決めていいと思います。

物販と同じで他と
変わらない場合一番安いものが
支持されます。

オリジナルな機能が存在し
それが役に立つ限り
高くても支持されます。

物販も他にない
顧客の購入ポイントとなる
強みを付加して
安売りしなくても
売れるようにしましょう。

再仕入れ・商品リサーチ

販売データを元に
再仕入れを行ったり
前回の反省を活かして
新たにリサーチを行いましょう。

データの分析は何よりも大切です。

データがたくさん取れて
しまえさえすれば
それを分析できる限り
大きく失敗することはなくなります。

また中国輸入転売を進める上での
キーポイントを以下にまとめました。

  1. 中国輸入の物流について
  2. 中国輸入ツールについて
  3. 中国輸入パートナーの見つけ方について

こちらも一つずつ見ていきたいと思います。

中国輸入の物流について

専業でやる方は1kg辺り200円代
の数字を確保したいところですが
それは個別で契約を取らないと
難しいので規模が大きくなるまでは
中国輸入代行の会社に
任せた方が効率がいいです。

ビジネスに慣れていない人が
代行手数料をもったいないと考え
最初からパートナーを見つけて
直送しようと思っても
かなりの確率で失敗します。

いいパートナーというのは
10人探して1人見つかるくらいの
割合なのでそうやって
根気強く探せる人以外は
既存のサービスを使いましょう。

参照:中国輸入の代行会社について

中国輸入ツールについて

中国輸入のリサーチには
日本のAmazonにある
商品を雅俗検索で比較して
中国のタオバオやアリババから
見つけてくれるものが
一時期流行りましたが
精度が悪いのと
そもそも同じ画像を使って
単純転売をしている人は
OEM全盛の今は
他の機能が求められます。

以下の記事に中国輸入に
必要なツールの機能をまとめています。

参照:中国輸入に必要なツールの機能まとめ

中国輸入パートナーの見つけ方について

FBA販売の場合は
代行会社を使うことが多くなるので
その場合は関係ありませんが
一定の量を仕入れられるようになり
毎月2t,3t定期的に送るような場合は
安い契約も取りやすくなるので
その場合は現地パートナーを探す必要があります。

検品や買い付けをしてもらうためです。

  1. ALA!中国
  2. Lancers
  3. クラウドワークス
  4. Upworks

辺りで見つけましょう。

見るべき点は

  1. 募集文中の質問に答えているか
  2. 返信が早いか
  3. 直接会うことが可能か

です。

直接会うことは必須ではありませんが
一度会うと相手との
関係性も深まります。

中国輸入転売ビジネスの方法まとめ

  1. 新規出品の戦略を学ぶ
  2. 商品自体への工夫だけでなく広告デザインが重要
  3. 一通り実践した上でデータ分析が重要

昔より稼ぎにくくなったと言われていますが
副業レベルや小遣い稼ぎレベルで
やっていた人が
稼げなくなっただけで
売上や利益ベースで言うと
むしろ昔より稼いでいる人は増えています。

物販系のビジネスの中で
一番センスが求められるのが
中国輸入転売(新規出品)ですが
センスは経験でカバーできます。

資金的には一般的な
Amazon輸入(欧米輸入)よりは
必要ありません。

利益率が高く
卸よりはロット数が
必要ないためです。

大枠はまとめたつもりですが
この記事だけ読んで
わかった気になるのは危険ですので
他の中国輸入の記事も合わせて
ご覧になってみてください。

程度の差はあれ
1年くらい勉強すれば誰でも出来ます。

コメント

コメント

最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!