中国輸入代行業者のおすすめとその理由

中国輸入代行業者の比較のページでも簡単に紹介しましたが僕が利用させてもらっているアマコンという中国輸入代行業者を紹介したいと思います。

正確には中国輸入代行業者というよりAmazonに関する様々な代行サービスを提供しているサービスで僕は中国輸入代行とページ作成代行を利用しています。

以下アマコンをおすすめする理由です。

日本にもアメリカにも配送可能

ただし日本で売れたからといってその商品がアメリカで売れるとは限りません。

きとんとコンサルタントに教わるなどしてアメリカで商品を売るマーケティング手法などを学んだ上でOEMを行いましょう。

日本でアメリカAmazonの新規出品の方法を教えられる人はまだ少ないですが僕はたまにセミナーでその内容を扱っています。

※現在は輸出入ビジネスコミュニティ内で質問を受けた際に教えているだけでセミナーやコンサル等で教えていませんので他の方を当たっていただくようお願いします。

検品の質が高い

簡易検品も料金を別途支払っての詳細検品も行ってくれていますが僕は料金を支払っての検品をお願いしています。

不備があった場合は日数はかかりますが工場側にクレームを出してくれて2回目以降の生産のクオリティが上がることも多いので非常に満足している部分です。

ただし社長に直接話を伺ったところ工業製品の検品等は細かく出来ないのでそのような商品を工場側で検品を細かく行ってくれる所を探す方がおすすめです、と教えていただきました。

アメリカに送る場合は特にサンプル作成時以外一度も商品を見ないこともあるので検品の質が大切になってきます。

送料が安い

日本への配送が安いことはもちろん、アメリカへの配送も安い(1kg500円台)のでワールドワイドに商品を売っていきたい人におすすめです。

中国輸入代行を77社比較したこともありますが僕が知る限り航空便では一番料金が安いです。

船便も安いですが船便は他の会社の料金を全て見たことはないので一番安いかどうかは分かりません。

食品衛生法や電波法・薬事法などが関わる商材の扱いも可能

OEM代行で工場側とのやり取りを細かく行ってくれるため食品衛生法や電波法、薬事法などが関わる商品の取り扱いも可能な点は非常に大きなメリットです。

OEMとは言え簡単に作れる(真似できる)商品の販売は少しずつライバルが増えてきています。

相乗り出品 → ライバル増える

卸仕入れ → ライバル増える

OEM → ライバル増える

と時代の変遷を経て現在、そしてこれからも稼げるのは

  1. 独占卸
  2. 卸仕入れ(販売に許可が必要)
  3. OEM(販売に許可が必要)

の3種類の方法だけです。

卸仕入れ(販売に許可が必要)はもしかするとライバルが増える可能性もありますがOEMで販売に許可が必要な商品はまず問題ないでしょう。

自分で中国人パートナーを見つけて工場とのやり取りをしてもらってという形では申請を通すのは難しいのでその点でもアマコンの中国輸入代行サービスは秀でていると言えます。

商品ページ作成やモデル撮影の代行

参照: amacon.jp

別途費用はかかりますがクオリティの高いページ作成代行はもちろん、日本向け・海外向けモデルを用意しての撮影を行ってくれるので商品販売がスムーズに行きます。

僕が商品ページ作成依頼の時に事細かく指示を出していたためさらにクオリティが上がった気がします笑

月会費のキャッシュバック制度

アマコンはサービスの質が高い分月会費が約5万円(コンサルを受講した人は3万円)と高めです。

しかし月の発注額ベースで発注額が300万円を超えるとその月の月会費がキャッシュバックされるので実質月会費を無料で使うことができます。

この仕組みについて社長に聞いたことがありますが発注額が多い客さんのおかげで全体の送料を下げることが出来ているのでキャッシュバックを行っているとのことです。

融資の斡旋・紹介

月商1000万円超えを目指す人には特におすすめできる中国輸入代行業者ですが発注額300万円というのはそこそこの金額で自己資金でできる人は退職金を受け取った方や相当の高級取りの方あるいは他のビジネスで成功している方でしょう。

それでは再現性がないので中国輸入に限らないのですが月商100万円をまず達成してかつ自己資金を300万円ほど貯めてspそれを担保に創業融資を1000万円ほど取ることをおすすめします。

上記の条件をクリアしていれば自力でも融資を取ることはできると思いますがアマコンでは融資の相談も受けているということなのでこれから中国輸入で財を築いていきたいという方にはおすすめです。

中国輸入代行のおすすめまとめ

僕は代行会社は10社以上使ったことがあるのと商社に頼んだり、個人の中国人パートナーに頼んだり工場の人に直送してもらったりいろいろ試してきました。

現在も特定の商品に関しては工場から直送してもらっていますが新たな商品を作成するときはアマコンの輸入代行サービスを利用させてもらっています。

というのも僕が中国輸入事業をメインの事業にしておらず専任のスタッフを雇っていないためです。

外注という形で中国人パートナーを雇っていても途中でいなくなってしまった経験もありますし自分で全部やりたいのであれば中国にオフィスを構えて中国人スタッフを雇う必要があります。

そうなると固定費で月20万円はかかります。

中国輸入をメイン事業にしている方であれば代行業者を使わず自身で物流を構築するのもありでしょう。

このブログを読んでくださっている方の多くは副業として取り組んでいる方や5人以下の小さめの会社を経営している人になると思います。

その場合はコスト面でも時間の面でも間違いなく代行業者に任せた方がいいと言えます。

合う合わないもあると思うのでぜひ実際に使って自分に合った代行業者を見つけてください。

コメント

コメント

~中国輸入編~

まだ学生だったあの頃からどのように中国輸入ビジネスで成功しその後も結果を出し続けてきたのかをメルマガにまとめました。他の方法もあると思いますが僕は最短ルートしか知りません。再現性の高い方法でぜひ自由をつかんでください。 登録特典として輸出入ビジネスの失敗例100選の資料をプレゼントしています。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください