Amazon在庫追跡ツール復活先行販売

コンサルティングに合わせて在庫連動ツールのリリースの前にAmazonの在庫追跡ツールを50社限定で限定で販売再開しました。事前予約いただいた方にメールをお送りしています。

在庫追跡ツールの活用法

商品リサーチツールだけでもおよその販売数は分かりますがそれは子ASIN単位の販売数ではなく親ASIN単位の販売数です。

以下のようなバリエーションがある商品の場合ページ全体で月に1000個商品が売れているとしてもどのASINが売れているかには偏りがあり、ピンポイントで売れる商品がわかりません。

5サイズ×4色=20パターンでそれぞれのパターンの平均販売数は

1000÷20=50個

になりますが実際には人気の色、サイズのものが200個売れていて不人気のものは10個程度しか売れていないこともあります。

そのため正確なデータを入手しづらいため敬遠する人が多く狙い目な商品が多くなっているのがバリエーションがある商品です。

このそれぞれの販売数を調べるにはAmazonの在庫数を追えばいいのですが先ほどの例のように1ページ20パターンもあるものを毎日手動で調べるのはかなり骨が折れる作業になります。

リサーチの段階である程度あたりを付けてから在庫数を調べるとしても30商品は調べることになるので平均5バリエーションだとしても1日150回以上の記録が必要になります。

ただしサイズに関しては基本的に真ん中(Mサイズ)が売れやすくカラーは黒や白、茶色などの無難なものが売れやすい傾向にあるので予算や時間によって対象を減らしてもいいと思います。

ただレディース商材だからカラーをピンクにするといった前時代的な発想だと失敗するでしょう。青の方が売れたり紫の方が売れることもあります。それは商材によっても異なるので先入観で決めずにデータ取りを行うことは必須です。

この辺りはABテストと同じです。一般的な理屈ではAが正解だけど実際に試すとBの方が売れていることはよく起こります。理論で正解できるのは7、8割程度です。きちんとデータを採取しなかった商品が2、3割の方に当てはまっておりその商品を大量に仕入れてしまっていたらどうなるでしょうか?

初心者の方が失敗するのは大体こういう所です。仮説→行動で運が良ければ成功、悪ければ失敗という形になってしまっています。

そうではなく仮説→検証→行動という流れで進めましょう。実際に商品を仕入れた後の検証も重要です。データに基づき仕入れたのになぜか売れなかった→なぜ売れなかったのか?という分析が重要です。

どれだけ物販が上手になっても1割の商品は思ったように売れませんが初心者の人だと3、4割の商品が思ったように売れないでしょう。この精度だと安定した投資が難しく途中でやめてしまう人も多くなりますがデータ取りとデータ分析が出来るようになれば怖いものはありません。

参照:Amazonの在庫数を調べて販売数を予測する方法

在庫追跡ツールの特徴

  • 単品9900円/月 先行販売終了後エキスパート・マスタープランに無料で追加
  • 日本Amazonのみ対応
  • 追加料金で追跡数増加可能
  • 50商品(ASIN)まで追跡可能

詳しい情報は一般販売再開後にこのページに追加します。

エキスパートプラン へも無償で追加することになりました。カラーバリエーション、サイズバリエーションがある商品のデータ取りやマーケティングには欠かせない機能なのでぜひ役立ててください。

~東大式D2C講座~

2021年に最新版にリニューアルした無料のD2C講座です。中国仕入れを中心としたD2Cビジネスの方法を全13回にまとめています。一般的な有料コンサルティング以上の内容に仕上げているので活用してください。
は必須項目です
  • メールアドレス
  • お名前(姓名)
  • 姓と名はスペースで区切ってください