輸入ビジネスと英語が出来ない人

英語
輸入ビジネスと英語

輸入ビジネスに英語は必要?

英語は出来れば
武器になりますが
なくても全然問題ないです。

物販で稼いでる人は
英語しゃべれないから
通訳雇おう、とあっさり
乗り越えていきます。

英語が出来ないのであれば
通訳は外注化すればいいだけです。

また少しだけ英語が出来るのであれば
Google Chromeの翻訳機能や
エキサイト翻訳で頑張りましょう。

よく卸やメーカーと交渉しろ、
と言っていますが実際は
テーブルで向かい合って商談するような
華やかなものではありません。

僕は見込み仕入れ先を
リストアップしたら
片っぱしからメールしています。

100件メール送ればだいたい
20件は返ってくるので
そこからさらに1件に絞り込む気持ちで
望みましょう。

契約が取れないと言う人に限って
2,3件しかメールしていないことが多いです。

知り合いは返信がなかったら
雇った通訳に電話かけてもらって
電話交渉していると言っていましたが
僕は面倒なのでやっていません。

というのも交渉は自分でやっているので
単に面倒だからです。

返信があった所に
追撃のメールを送り
3回目くらいのメールでは
skypeの番号も書いて送ってます。

輸入の時は

日本まで直送可能か?
複数買うから値引きしてくれないか?
クーポンコードを発行してくれないか?
何ロットから発送してくれるのか?
AmazonFBAに納入するためのラベルを貼ってくれないか?

など手当たり次第聞いてます。

輸出の時は
mixiで見つけた現地パートナーに
ラベル貼りと納入を任せてるので
英語は一切使っていません。

商品一つに付き100円です。

これは上手くパートナーを見つけるしかないです、
日本人だと相場は300円ぐらいだと思います。

odeskなど海外SOHOで見つけるのもいいと思います。
日本語が出来る人も結構います。

交渉の時にショップURLを
送ると武器に出来ますが
商品ジャンルがばらばらだと
あまり効果がありません。

僕は以前から言っているように
音楽機材とアパレル以外
卸やメーカーから買っていないので
新たにショップを作ることはしていません。

やはり自分の好きなジャンルに特化した方がいいと思います。

例外として中国製品は向こうの商社から買ってます。
保証を付けてくれるところはなかなかないので
少し高いですが商社を利用しています。

中国語は話せないですが
日本語が話せる人がいる商社を
アリババジャパンというサイトで見つけました。

これも100社位とメールをしたうえで
選んだものですが
最低仕入れ金額が50万円からなので
紹介してもあまり役に立たないと思います。

自分の資産状況によって
使うべき流通は異なってくるので
ぜひ自分に合った所を見つけてください!

Facebook Comments
最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!


head

メルマガ登録特典

■毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
■毎月2名の方に統合型Amazonツール「アマトピア」
■物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
■50万円の初期費用を貯めるための無料レポート

その他にもメルマガ内では
海外マーケティングの情報提供や
セミナーの告知などを不定期に行っています。

※これらの特典は【期間限定のプレゼント】となります。
早めにご登録ください。

or

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です