輸入の仕入れ交渉の必須テクニック

kousyou

輸入ビジネスで仕入れ交渉は
必須のテクニックになります。

今日は輸入の値引き術について
解説します。

輸入の値引きと交渉

一番初めの交渉が一番ハードルが高いと
思うのでそこに焦点を当てます。

仮にあなたの実績が
海外小売りから買って日本の
Amazonで売って差益で稼いできただけだとします。

そんな状態で交渉して成功するのでしょうか?

答えは相手を選べば成功する、です。

大手を相手にしても
立場は完全に向こうが上です、
5:5でどちらも得する
関係を築きたい物ですが
大手は7:3とか6:4の
関係を求めてくるでしょう。

女性を口説くのと一緒ですね、
相手はモテモテな女の子です。
何もせずとも男が群がってきて
一般的な男は完全に下な訳です。

そんな子が付き合うのはかっこよかったり、
面白かったり、
経済力があったり、優しかったり
人と比べてステータスが高い人。

最初から行くのは
相当頭を使わない限り無謀です。

どうすれば落とせるか考えて
悶々としてるより
自分のステータス向上を目指した方が
遥かに有意義です。

というわけで最初は中小企業を
相手にしましょう。
これを再び恋愛に例え直すと
モテない子を狙ってるみたいでなんだか
下衆野郎みたいですが
輸入の場合中小から口説き落とすのは鉄則です。

Shuheiさんはお金がいっぱいあるから
そんなことできるんです、
とか言われますが
僕は10個とか小ロットでも
メーカーから輸入してました。

僕の商材はアパレルと音楽機材です、
まねしてもいいですがそうなると
僕と同じフィールドで戦う事になるので
自分の得意なもので攻めた方がいいです。

車が好きなら泥よけ作ってるメーカーとか
テニスが好きなら
ボールの空気入れ作ってるメーカーとか
何でも思いつくと思います。

卸やメーカーからの輸入って言ってますが
卸なんてほとんど無条件で卸してくれます。

ただ最近はネットショップがあった方がいいです。

ネットショップは集客が難しいのですが
Amazonで商品を売ると相手の連絡先が
分かるのでよかったらこっちのショップで
安く売ってますよーという情報を
ショップURLと共に流してあげましょう。

だいたい5%位は反応があるはずです。

その他には【東大生のアフィリエイト道場】でも
言っているようにTwitter,アメブロ、Facebookの
集客が効果的です。

輸出の場合はYoutubeもかなり効果があるようで
僕も最近研究中です。

メーカーと仲良くなれば動画を向こうで
用意してくれる事もあります。

実際僕はギターを弾いてる動画を
作ってもらいました。

それに加え自分でギターが弾けるので
Youtubeにアップして集客しています。

これは業界でもほとんど誰もやってないことです。
僕は新しい事に挑戦するのが大好きなので
色々やってます。

以下:僕が扱ってはいなのですがヒットしそうなショップ例

輸入

パワーストーンショップ 日本人に占い好きは世界でも希有です

輸出

忍者ショップ 忍者グッズを海外向けに売る

Amazonで売れ行きが
よかったら早速ショップ作っちゃいましょう、
僕はAmazonは好きですけど
依存したくはないので
今後どんどん独自ショップを
増やしていこうと思ってます。

1ショップ月2000円程度で維持出来ます。

僕はwixというサイトを使っていますが
知り合いはカラーミーショップや
おちゃのこネットなどを使ってます。

まぁどれも集客力には大差ないので
自分で集客システムを整える必要はあります。

商材はやはり趣味から入るのが一番ですね、
その趣味の中だけでも
いくらでも細分化出来ます。

安く仕入れた時点で
正直売れない訳がないです。

小売りから買うから安く売る事が出来ず
在庫を抱えるんです。

ぜひニッチ商品の開拓をしましょう!

Facebook Comments
最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!


head

メルマガ登録特典

■毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
■毎月2名の方に統合型Amazonツール「アマトピア」
■物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
■50万円の初期費用を貯めるための無料レポート

その他にもメルマガ内では
海外マーケティングの情報提供や
セミナーの告知などを不定期に行っています。

※これらの特典は【期間限定のプレゼント】となります。
早めにご登録ください。

or

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です