Amazonのインセンティブレビュー全面禁止とそれに対する対策

incentive

米国に続いて日本でも
Amazonインセンティブ
レビューが禁止されました。

インセンティブレビューとは
報酬や利益を与えることで
顧客に書いてもらうレビューのことです。

以前までは明確化された
ルールがなかったため
無料サンプルを配ったり
割引クーポンを
発行することで
レビューを集めることが出来たのですが
これが出来なくなりました。

以前使えた
Amazonレビュー依頼の方法はこちら

では一体販売者はこれから
どのようにレビューを
集めればいいのでしょうか?

Amazonのインセンティブレビューについて

以下はAmazonの
インセンティブレビューに関する規約です。

  • カスタマーレビューとの引き換えに、無料または割引商品、ギフト券、払い戻し、現金の支払い、その他報償を提供する。
  • 購入者がカスタマーレビューを投稿したかどうかに応じて、以後の無料または割引商品やその他特典を提供する、または差し控える。
  • レビュアーの会員継続条件がカスタマーレビューの投稿となっているレビューサービスを利用する。
  • 購入者のカスタマーレビューに基づいて、出品者が購入者を評価できるレビューサービスを利用する。
  • 購入者のAmazonで公開されているプロフィールが登録され、出品者が商品に関するカスタマーレビューを監視できるレビューサービスを利用する。
  • 購入者のカスタマーレビューに対して見返りを与えることは、Amazonの方針に違反します。

昔Facebookでもいいねと引き換えに
プレゼントをあげるような
手法が横行して
後にインセンティブレビューが禁止されました。

顧客にとって不利益となるものを
防ぐのは母体を運営する側としては
当然の行動です。

Amazonでも多くのユーザーが
レビューを参考に買い物をするため
購入者に対して正しい指標を
提供するため今回の
インセンティブレビューの禁止が
発表されたわけです。

顧客側は
すべてのレビューが
自然についたもので
あるべきだと信じていますが
販売側は
なるべく自分の商品を売りたい、
特に新規商品、新興ブランドの場合
初売り出しでレビューがつくのを
待っていたらなかなか売れないから
やはりどうにかしてレビューを
集めたいと思うのは当然だと思います。

経営者と雇用側が
完全に相容れることがないように
販売者と購入者も
完全に相容れることはありません。

僕は今回の
Amazonのインセンティブレビュー
禁止は当然だと思いますし
一消費者としてもいいことだと思っています。

しかしその意見だけで終わっていたら
凡百のブログと同じになってしまうので
インセンティブレビューの禁止に対する
対応策を考えてみたいと思います。

インセンティブの抜け穴

hole

物事について考えたければ
まず定義を見直す必要があります。

Amazonが定義する
インセンティブは
先ほどのレビューの規約にもあるように
レビューの対価としての無料の商品の提供、
割引の提示、その他特典の提供です。

そうなると
Amazon側ではどうしても
防ぎようが無いものがあります。

それは報酬の対価が無い場合です。

それには二つのケースが考えられます。

与えられる前に与える

レビューの対価として
報酬があるのが禁止なので
先に商品を提供する行為は
実はインセンティブとは言いません。

つまりレビューをしてくれるなら
商品を無料にしますよ、
ではなく
商品を無料でプレゼントします、
よかったらレビュー書いてくださいね、は
インセンティブに
当たらないということです。

先に商品を与えたら
レビューを書いてくれない人が
続出するんじゃないの?

と思いがちですが
人間には返報性の原理という
強い心理効果が働きますし
そもそも相手はある程度絞るので
書いてくれない人が一定数いることを
織り込んおけば成立します。

明確な対価と言えるものがない

これはどういうことかというと
明確に禁止されているのは
無料提供や割引の提示です。

では普段あの人に
お世話になってるから
役に立つんだったら
商品を買ってレビューを
付けてあげようと思う感情は
人間として自然なものだと思います。

知り合いが本を出版して
買ってあげたりするの
もよくあることです。

こうなるとAmazon側では
禁止できません。

明確な対価が無いからです。

例えば僕が大変
お世話になっている人が
Amazonで新商品を
出したとなれば
それは値段にもよりますが
自腹で買っていいレビューを
書いてあげるでしょう。

もちろん商品自体がひどければ
書きませんがそのようなことは
まずありません。

相手からレビューを書いて欲しい
と直接言われても書きますし
見返りを要求することはありません。

結局そんなもの求めなくても
お互いの関係性で
仕事やら何やらで
良くしてくれることは
分かっているからです。

Amazonレベルだと
家族までなら関係性を見破って
家族が出品している商品を
購入してレビューを付けたら
レビューを取り消しにすること
位は行ってくるでしょう。

実際こちらのGIZMODEの記事
見つけましたが家族でなくても
知人の商品に対する
カスタマーレビューが削除されたという
ケースもあります。

それでもこれは特例であり
ほとんどの場合は成立します。

Amazonレビューのこれから

Web上など関係性が
構築できていない人に
レビュー依頼をするのは
今後なくなっていくでしょうね。

これは販売者側に取っても
いいことだと思います。

なぜならインセンティブレビューに
大胆に予算を投じることができるのは
お金を持っている企業だけだからです。

しかし後半で紹介したように
対価として商品を提供しない方法や
知り合いなどに
対価なしで書いてもらう
方法も存在します。

与えられたルールの上でも
いくらでもやり様は
あるということです。

今回の改定に対する
考え方を踏まえた上で正攻法の
Amazon評価依頼メールで
レビューを増やす方法もぜひ試してください。

Facebook Comments
最近どんな記事が読者の方の役に立つか調査しているので少しでもこの記事が役に立ったと思っていただけたら以下のFacebookやはてぶなどのソーシャルシェアボタンで応援していただけると幸いです!


head

メルマガ登録特典

■毎月1名の方にAmazonギフト券5000円分
■毎月2名の方に統合型Amazonツール「アマトピア」
■物販ビジネスの指針を示す計100分の無料動画講座
■50万円の初期費用を貯めるための無料レポート

その他にもメルマガ内では
海外マーケティングの情報提供や
セミナーの告知などを不定期に行っています。

※これらの特典は【期間限定のプレゼント】となります。
早めにご登録ください。

or